会社を辞めたい【職場の人間関係といじめを何とかしたい】

このエントリーをはてなブックマークに追加

職場での人間関係でどうしても苦手な相手と無理して付き合う必要はないけれど、いじめは許さない

職場にはいろんな生い立ち、いろんな性格、いろんな年齢の人が集まっています。とくに女性が多い職場では人間関係の悩みが多い傾向にあります。男女同数ぐらいの職場だと男の人の目を気にしてあんまり意地悪できないのですが、女の人が多いと、どうしてもその中で気に入らない、性格が合わない人が意地悪をするのです。

だいだい意地悪な人は妬みやすく、学歴や容姿など自分に自信がなかったり、貧しかったりする人です。自分以外の人の幸せが妬ましいので、誰かがその人を褒めたりすると、躍起になって「でも、あの人ってこんなこともするのよ」と、悪口をいいます。学歴や容姿が悪くても、今の自分を愛することができる人なら、意地悪はしません。自分を愛せない人は誰も愛せないのです。時には、まったく根も葉もないことを言いふらしたり、去勢ををはるために嘘をついたりもします。

正直にまっすぐ生きてきた人間はこんな他人に初めて会うと、どうしていいかわかりません。しかし、こんな人のために心を乱されるのはたまりません。円滑にするには、本気で相手にしないこと、悪口に同調しないjこと、2人きりにならないようにすることです。距離をおいて、この人は愛情不足で育った不幸な人だと思えば、腹もたちません。職場の人間関係というのは、たまたま同じ職場で出会ったというだけで、お友達になる必要はないのです。

ただ、どうしても我慢できない相手がいる場合は、転職や退職も視野に入れることも選択肢の一つです。

職場のいじめを止めて人間関係を正常にする

職場でのいじめは社員同士の同僚の陰口や悪口を言ったり、挨拶を無視したり、匿名で嘘のネガティブな噂を流したり、物を壊したり隠したりするなどといった子供のようにのいじめもありますが、仕事上の指導や部下を注意をする形を装って行われることも多いです。無理な仕事を押し付けてきたり、仕事の内容やミスに関して大声で怒鳴りつけたり、人間性を否定するような言葉を投げかけるなど、毎日のように繰り返されたこどが原因で精神的に病んでしまうような事ばかりです。職場でイジメをうけていると感じたら何かしらの打開策を講じないと健康面にまで危険が及んでしまいます。上司と部下の関係だけでなく、先輩と後輩、先輩と新人、正社員とアルバイトやパート、同期の同僚などシチュエーションや加害者も様々ですし、陰湿なものもあればエスカレートして犯罪まがいのみのまで様々です。

もし職場でいじめを受けていると感じたのであれば、一人で悩んだり抱え込んだりせずにまずは上司に相談して会社に改善策を取ってもらうことが大切です。また、解雇やクビをチラつかせながら脅す様な言葉など精神的なストレスを与えることを目的としたパワーハラスメントなどを受けたときなどには裁判によって損害賠償請求も可能になりますから、いじめや嫌がらせを受けた日時やその状況などを明確に記録として残しておくことが大事になってきます。逆に自分の部署でイジメなどのトラブルや問題となる行動や態度、言動を目撃したときの対処法としては、上司や責任者とコミュニケーションをとったり、必要であれば人事部などへ通報しましょう。さらに、できるのであればターゲットの彼や彼女を休憩のときにフォローしてあげると気持ちも楽になります。

会社には労働者が安全で快適に働くための環境を管理しておく義務がありますが、何らの改善策を練ってくれない場合があります。職場におけるいじめの存在を認めなかったり、逆にそれを理由に解雇に追い込もうとしてくる場合があるので、こういったときに備えて今回のいじめに関する会社としての対応がどうだったのかということを文章にしてもらっておきましょう。裁判をするにしても、労働局に相談するにしても、必ずこういった証拠は役にたちます。

職場のいじめや人間関係を相談したい

厚生労働省では、働く人の人間関係の悩みを相談できる窓口を紹介しています。一人で悩まずに誰かを頼ることで事態を少しでも前に進めるきっかけになります。

総合労働相談コーナー
※各都道府県労働局が運営しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加